line
2017/10/05

テレビのニュースで「藤田一枝衆議院選立候補」と流れてしまいました。確かに、立憲民主党の九州ブロック比例単独候補として公認されますが、あくまで比例単独候補であり、私個人の選挙活動はありません。「比例区は立憲民主党」をお願いする活動です。でも、私の名前があることで、女性の皆さんが関心を寄せて下さればと思っています。安倍政治を終わらせ、保守2大政党を阻止するために頑張ります。

line
2017/10/02

急な解散総選挙の準備に追われているうちに、10月になってしまいました。
今回の民進党の希望の党への合流は、当初の前提が崩れ、選別排除の動きが強まってしまいました。そもそも、安倍政治を終わらせる一点で大道に着くことに意義があると考え、私も候補者も決断しましたが、今や自民党こえるを保守政党になろうとしており、到底容認出来ません。
本日、枝野幸男さんが「立憲民主党」を立ち上げました。立憲主義のもと、平和な社会、共に生きる社会を目指し、福岡3区の「山内康一」さんも、立憲民主党 に合流し闘い抜きます。ご支援宜しくお願い致します。

line
2017/09/20

台風一過、秋晴れの敬老の日となりました。
衆議院解散の報で、敬老会でも話題に。「民進党も好きじゃないけど、自民党の方がもっとだめだから民進党に頑張ってもらわないと、一票入れるよ」ありがたい激励です。民進党が批判の受け皿になって、そして将来展望をきちんと示せるように頑張らなければなりません。

line
2017/09/10

今日は、「なでしこ政治塾」運営委員の打ち上げ兼打ち合わせ。来年の取り組みについていろいろ相談出来ました。11月には、1期2期生の同窓会も開催することになりました。女性議員増加に向けて、更にパワーアップです。

line
2017/09/07

今日は、久しぶりの「一枝ネット」のコア会議。11月9日に「闘い続ける女たち」の上映会を行うことを決定。有意義で楽しいひと時となりました。会話の中には、山尾議員の離党問題も話題に。離党も辞職も必要なしが多数意見でした。
私も、山尾志桜里さんの離党は本当に残念です。辛くても苦しくても踏ん張って欲しかったと思います。再起を期待しています。
前原新体制、副代表や幹事長代行に複数の女性を起用。混迷する党内ですが、是非存在感を示してもらいたいと思います。

line
2017/09/03

今日は、私の連合後援会会長をお務め頂いた山口正三前連合福岡会長の叙勲祝賀会。私も発起人に名前を連ねさせていただきました。今回の受章は、長年地方労働委員会委員を務められたことへの功績ですが、もともと三菱電機労働組合委員長や連合福岡会長を歴任されており、今日も親交のある方々が参加されました。

line
2017/09/02

今日は、今期最後の「なでしこ政治塾」公開セミナーと閉講式。講師は、弁護士の中野麻美さん。「女性と憲法」をテーマに戦時下の女性に対する暴力や「平和なくして人権なし」という平和とは何かを問うとても内容の濃い講演でした。
閉講式では、塾生の中から立候補者が出ることを期待して、修了証を手交。無事、第2期「なでしこ政治塾」が終了しました。

line
2017/09/01

民進党代表選挙。前原さんが新代表に選ばれました。残念ながら枝野さんは及びませんでしたが、気持のこもった演説と党内のバランス感覚もはたらき、一定の存在感を示すことが出来ました。とは言え、野党再編が見え隠れしており、 前原新代表と言えども無縁ではいられません。今後の党内の舵取りに注目です。

line
2017/08/30

8月も残り2日。お盆明けは、民進党代表選挙に立候補した枝野幸男さんの応援で、土日以外は在京の日々となりました。その代表選も、郵便投票が今日締め切られ、後は党大会本番を待つばかりです。民進党の再生はもとより、自民党に対抗する政治勢力として民進党が存在意義を示せるのかどうかの、大事な代表選びです。枝野さんの選対事務所からは、議事堂や官邸が眼下に見えます。国民の皆さまに納得頂ける代表を選びたいものです。

line
2017/08/21

民進党代表選挙がスタート。枝野さんと前原さん のお二人が立候補。私は、勿論枝野幸男さんを応援しています。
枝野さんの出発式は、参加者に女性が目立っており、激励挨拶の4人も、地方議員や総支部長の皆さんで、女性が3名でした。枝野さんの決意表明も、明解で力強い ものでした。1日の投票日まで、私もしっかり応援していきます。

line

前ページspaceTOPページspace次ページspace.gifHOMEページ