line
2017/09/03

今日は、私の連合後援会会長をお務め頂いた山口正三前連合福岡会長の叙勲祝賀会。私も発起人に名前を連ねさせていただきました。今回の受章は、長年地方労働委員会委員を務められたことへの功績ですが、もともと三菱電機労働組合委員長や連合福岡会長を歴任されており、今日も親交のある方々が参加されました。

line
2017/09/02

今日は、今期最後の「なでしこ政治塾」公開セミナーと閉講式。講師は、弁護士の中野麻美さん。「女性と憲法」をテーマに戦時下の女性に対する暴力や「平和なくして人権なし」という平和とは何かを問うとても内容の濃い講演でした。
閉講式では、塾生の中から立候補者が出ることを期待して、修了証を手交。無事、第2期「なでしこ政治塾」が終了しました。

line
2017/09/01

民進党代表選挙。前原さんが新代表に選ばれました。残念ながら枝野さんは及びませんでしたが、気持のこもった演説と党内のバランス感覚もはたらき、一定の存在感を示すことが出来ました。とは言え、野党再編が見え隠れしており、 前原新代表と言えども無縁ではいられません。今後の党内の舵取りに注目です。

line
2017/08/30

8月も残り2日。お盆明けは、民進党代表選挙に立候補した枝野幸男さんの応援で、土日以外は在京の日々となりました。その代表選も、郵便投票が今日締め切られ、後は党大会本番を待つばかりです。民進党の再生はもとより、自民党に対抗する政治勢力として民進党が存在意義を示せるのかどうかの、大事な代表選びです。枝野さんの選対事務所からは、議事堂や官邸が眼下に見えます。国民の皆さまに納得頂ける代表を選びたいものです。

line
2017/08/21

民進党代表選挙がスタート。枝野さんと前原さん のお二人が立候補。私は、勿論枝野幸男さんを応援しています。
枝野さんの出発式は、参加者に女性が目立っており、激励挨拶の4人も、地方議員や総支部長の皆さんで、女性が3名でした。枝野さんの決意表明も、明解で力強い ものでした。1日の投票日まで、私もしっかり応援していきます。

line
2017/08/19

お盆明けの夏祭り。 山内康一さんと西区から糸島へ。
壱岐南校区の「いきみないと」も17回目。地域の力が結集した行事です。南風校区の夏祭りも、残り少ない夏を盛り上げていました。地域の皆様とお会いして、楽しいひと時を過ごしました。

line
2017/08/05

暑い、暑い、と言ってるうちに間もなくお盆。
今日は、糸島で38.9度、福岡市でも37.4度。さすがに動きが鈍くなったような気がしました。
そんな猛暑の中、「なでしこ政治塾」を開催。佐賀大学の畑山敏夫先生から「政治的無関心と低投票率から政治を考える」と題して、フランスとの比較をしながら日本の政治的無関心の流れをお話頂きました。その後は、「投票率アップのための私の戦略」をテーマに、ワークショップ。グループごとにターゲットを絞り、投票に行かない理由や解決策を検討。インセンティブを働かせたり、罰則をつけたり、政治教育の推進や被選挙権年齢の引き下げなど、アイディア満載でした。畑山先生からは、自由で楽しい選挙のために、公職選挙法の改正が指摘されました。
夜は夏祭り。今日がピークです。

line
2017/07/28

党員・サポーター投票での代表選挙が決まりました。将来を見据えた選挙にしなければなりません。
今日は、橋本八幡宮の夏の大祭。ここでも、地域の皆さんから𠮟咤激励を頂きました。「民主党に戻したほうがいいよ」の声が多数。同感です。

line
2017/07/27

蓮舫代表が辞任。党勢回復が進まない苛立ちが党内にくすぶっていることに加えて、都議選敗北の責任論が重なり、戸籍の開示にまで追い込まれたことを考えると、やむを得ない結果ですが、支持率の低迷は、政策の方向性やこの国のかたちを示せない民進党の曖昧さによるもので、代表の首のすげ替えで済む話ではありません。正念場の代表選。ただでさえ暑い夏が更にヒートアップしそうです。でも、今日の蓮舫さんは、落ち着いていて、率直で笑顔があってすてきでした。

今日は、シビリアンコントロールが揺らいだ防衛省でも辞任続出。追い込まれた形の稲田大臣の辞任は、安倍総理の任命責任も問われるはずです。

line
2017/07/25

連日の猛暑、今日も市内の最高気温は35,9度。
国会は、安倍総理入りの集中審議が昨日と今日行われましたが、ますます矛盾が露呈しています。

夜は、民進党県連の仲間との私の誕生祝も兼ねた暑気払い。久しぶりに浴衣を着ました。

line

前ページspaceTOPページspace次ページspace.gifHOMEページ